稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ぼちぼち復活します

イギリスがeu脱退決まったり大変な相場でしたね。
私はぼちぼちまた勉強がてら復活しようと思います。
これからも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
【2016/09/09 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ユーロ為替の値動きは安定? --野田佳彦財務相の発言とソブリンリスク--

これからの為替。
いったいどうなるのでしょう?

投資したいけど、投機になりそう。
そう考えると、とてもじゃないけど投資できません。

これからモリモリユーロの為替は安値に向かうのでしょうか?
またがっつり円高が進むのかもしれませんね。

野田佳彦財務相の発言
「為替市場は安定」
「為替対応の理解されている」
これが各国首相の共通認識であるならば。
介入なんのその。

どういう対応が理解されているのか
これからどういう為替対応を実施するのか、


実は一言も発していない。


でも、なにかしらの理解は得られた模様。
謎。謎。謎。なんだろうか、この発言。
ちょっと不思議。かなり疑問。

ということで仮定を立ててみた。
これからの為替の値動きを予想してみようと思って。
謎発言にからめて予想。

まずは前提として、
「為替や首相は急激な為替レートの変動を嫌う。」
という認識を頭の中に刷り込ます。

次に、
為替介入を積極的に行う考えが理解されたと仮定する。
今の為替レートで為替を安定させるならば・・・

と考えたところで思考がストップ。
結局、予想とか仮定とか関係ないや、と思う。
値動きについていけばいいだけ。

本当にそれだけ。

そして、今は為替が迷っている時。
手は出せない。

基本的に、
手持ちの資金を増やすために投資は行うもの。
でも、投資資金を守る術を知らないと、結果的に損をする。

難しいなぁ、FX。
楽しいなぁ、FX.

最近チャートを見てるだけでワクワクしてます。
投資しないと資金増えないのに。
増やすために見送っている。

それは、もう負けたくないから。
もう、莫大な損をかかえるのは嫌だから。

ユーロがヤバいです。
今、再び注目されています。
欧州ソブリンリスク。

何がリスクなのかは勉強不足で知りませんが、
日本ソブリンリスクの方も危険な気がする。

でも実際、ドイツやらアイルランドやら大変らしい。
アイルランドの10年債の対ドイツ国債スプレッドが過去最大まで拡大とか。
それがすごいことなのか全然分からないのが、切なく、しょんぼり。
そもそも今まで差が少なかった方が???な気がする。

為替ってユーロって。
本当分からん。

だから楽しい。
だから飽きないのだと思う。
だから、無駄な投資はしない。できない。
する必要もない。と今、自分に言い聞かせてます。
じゃないとエントリーしちゃうから。

長く続けるために守ろう。
かけがえのない資産を。
【2010/11/12 】 | ユーロ為替予想 | コメント(4) | トラックバック(1)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

FXを始めて二年目の取引結果。~嬉:損切り平均額が700円減ったこと~

FXを始めて二年目の取引結果です。
FOREXJAPANのMT4を利用して取引しました。
FX二年目の取引結果

ちなみに一年目はFXブロードネットを利用しまして、この結果。
FX一年目の取引結果

まず、2社の大きな違い。(個人的使用感です。)
①MT4はブロードネットに比べ、スプレッドが広い。
②MT4は利用者に有利な位置で決済してくれる可能性が高い。
③MT4はレートの変化がゆったり。

自身の変化としては、トレードする通貨が増えたこと。
ユーロの値動きにも慣れて為替の癖みたいなものが分かって来たので、
ユーロ以外にドル・オージー・ポンドをクロス円やクロスドルにて取引するようになりました。

さて、2年目の取引結果分析ですが・・・
結論からいえば、一年目とほぼ変わらない結果となりました。

(二年目の取引結果:FX)
総利益 +74294
総取引回数 142
総決済数: 71
一回の取引あたり平均利益(円):1 388
損切り平均額(円):-2 080
ロングポジ総数:47
ショートポジ総数:24
勝ち数:64
負け数:7
勝率:0.9014


(参考:一年目の取引結果:FX)
総利益 +81114
総取引回数 268
総決済数 134
一回の取引あたり平均利益(円) 605.32835821
損切り平均額(円) -2705.8666667
ロングポジ総数   90
ショートポジ総数   44
勝ち数 104
負け数 30
勝率 0.77611940299


一年目の取引同様、淡々と売買を繰り返しました。
スキャルピングな結果が多いです。

途中、米ドルに上昇の可能性を感じたので、長期保持しております。
介入時44000円程取り、残り30000円を地道にコツコツ、という結果です。
最初だけ取引システムに慣れるため、1000通貨で取引しています。
(なにしろMT4は初めて使うシステムだったので^^;)
後半は、完全に1万通貨取引です。


取引姿勢自体には、特に変化はありませんが、
結果に多少、変化がありました。

一番参考になったのが、
「損切り平均額」

約700円も減っています。7pips。
私の目標としている「負けない取引」に一歩近づいたのではないでしょうか?
まだFXを始めて二年目なので何とも言えませんが、
この結果は少し嬉しいです。

これからは自動売買を行っていこうとも考えています。
ここ一年プログラム(Perl)で遊んでいたので、基本的なことは理解しました。
最近ハッシュの面白さに目覚めたくらいですが・・・

まずはインジケーター(ボリンジャーバンドみたいなもの)作成から。
私の取引を再現するには、今存在するインジケーターでは実現不可能ですので。
でも、私のエントリーポイントを網羅できるインジケーターを作れたとしても、
取引を再現できるかどうか正直微妙です。結局は「勘取引」ですから。
でも、挑戦してみたいと思います。

自身の経験値を増やすためにも。
自分の取引が「勘」なのか「ある法則」があるのか調べるためにも。
調べられれば、半分満足。
それまで止めない。
頑張ります。

以上。
【2010/10/03 】 | EUR/JPY 取引結果考察 | コメント(0) | トラックバック(1)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

2010年初☆日銀の為替介入 ~「ドッキリ介入」底で民主は入れちゃうの!?~

ニュースです。
民主党が為替介入を断続的に入れた模様。
日銀の資金投入ですが、これが6年ぶりの為替介入。
外国為替平衡操作の実施状況:財務省

2010年9/15現在、為替は
米ドル・カナダドル
ユーロ
ポンド
オージードル
キウイドル
全ての通貨において、円安傾向となっております。

今日の午前。
出社前はまだまだ底でした。
午後、昼休み中為替相場を見てびっくり。
事件があったのかユーロ円・ドル円において暴騰っぷりが顕著でした。
その原因は帰社して判明しましたが・・・
(2010年初の為替介入)

--------(以下、ニュースの抜粋)---------------
野田財務相は「為替相場の過度の変動を抑制するため、為替介入を実施した。今後もマーケットの動向を注視し、必要な時には介入を含め断固たる措置を取る」と述べた。財務省は15日午前10時30分に日銀に介入を要請し、10時35分には日銀が介入を実施した。その後も断続的に介入を行い、介入規模は数千億円から1兆円台とみられる。(政府・日銀が市場介入、一時85円台まで急落 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より抜粋
--------(以上、ニュースの抜粋)---------------


さて、現在(18:15)は・・・
一山うって暴騰ぶりは落ち着いたようです。
日銀の介入も落ち着いたのでしょうか?

まだ様子を見ないと分かりませんが、
昨日の底っぷりから見ると、素晴らしい為替介入だったと思います。

しかし・・・
問題はこれから。
どうやら底の更新は免れたようですが、
現在の暴騰っぷりは日銀の為替介入のおかげ。

2~3日経てば、何事もなかったかのように
為替レートは底付近に戻っているのかもしれません。

なぜならば、根本的な解決にはなっていないから。
一時的には介入のおかげで為替は救われたかもしれませんが、
経済的には何も変わりません。

そして、日銀の為替介入が単発的なものだったとすると、
人々の生活にそれほど大きな影響を与え続けるとは考えられませんので、
「円安・他外貨の全面高」傾向は徐々に下火になる可能性があります。

ですので、この円安の流れを維持するとすれば、
為替介入の影響が残っているうちにスピーディーに経済政策を打ちたて、
実行していく必要があると思います。

臨機応変な対応は、
日本は苦手。

しかしながら、臨機応変な対応が得意な国々にとっては、
この日銀の為替介入は、自国通貨の価値回復を行うにあたって、
又とない機会となるでしょう。

私は、ユーロ圏内の国々に期待します。
ユーロ圏の国々は非常時に臨機応変な対応力を発揮すると思うからです。
最近ドイツのメルケル首相等が足並み乱しておりましたが、
それは一時のパフォーマンス。

こういう緊急事態、
かつチャンスが現れた時には、
まとまる国々、集合体。

それが「ユーロ」という集合体だと思うのです。

-----参考(+ひとり言)------
日銀の為替介入時における為替レートの変化
82.85 USD/JPY(底) → 85.50 USD/JPY → △ 2.65
107.72 EUR/JPY → 111.10 EUR/JPY → △ 3.38
1.2965 EUR/USD → 1.2975 EUR/USD → △ 0.001
対円以外の価値は変化なし。何故だろう?
介入前夜のユロドルの動きが気になる。

この為替介入がスイスの二の舞にならないことを祈ります。
スイスはユーロへの為替介入失敗で、国家予算の1/4を失いました。

そして、一番気になるのは我々の税金で為替介入が行われたという事実。
単独介入(米国債購入)で失敗すると、また国の借金が増える。
でも、円高の内に資産を買ったともいえるかもしれない。安価に大量に。
国が大っぴらに大量に他国債を買うことなんて、この機会以外に出来るだろうか?
何もかも疑問。謎。分からない。知らない。
もっと学ばないと。

事実の良し悪しさえ分からない。
【2010/09/15 】 | ユーロ為替動向 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ユーロ為替の今後の展望について ドルは「強く優しく」、ユーロは「優しく強く」

ユーロ円為替の現在のレート。
114.27(eur/yen)

皆さんはこのレート値を見てどう感じますか?
このレートは高い?
若しくは低い?

私は今のユーロ対円の状況については何も言えません。
但し、ユーロ・ドルについてはこう考えています。

「ユーロは今よりもドルに対して弱くなる」

それはなぜか?
おそらくアメリカとユーロ諸国で取引交渉があったのではないかと。
アメリカ経済が崩壊しそうな今、ユーロに一時的に目を向けさせる。
そしてアメリカ経済を立て直した後、交渉成立。

オペルの譲渡。
ユーロ圏各諸国への経済支援。
ドル為替とのバランス調整。

が行われるものと思います。
それがいつ頃になるのかと言いますと・・・
2029年、もしくは2039年ではないでしょうか?

バランス調整を行うためには、
①ドルを弱くする
②ユーロを強くする
2つの手段があります。

②を行う基盤をユーロを弱くすることで整え、
整った時点で②ドルを弱くするのではなかろうかと。

「ドルを弱くする」という可能性ですが、
2029年、もしくは2039年にありそうなんですよね~^^;
そう思いたいだけかもしれませんが・・・

この年に、アメリカドルに何が起きるのか?
「ケネディ大統領暗殺事件」
「証拠物件の公開」

こちらで調べてみると、想像できるかもしれません。
あくまで想像ですが。

それまでに
93ユーロ/円台
1.0ユーロ/ドル台
を突破すると、怖いなぁと感じています。
ここが底辺りだったら問題ないんですけどね。(個人的には)
「怖いなぁ」と思う根拠は、いつも通りありません(笑)
なんとなくです。

ドル・ユーロ双方の焦り具合を
「不自然か自然か」という観点で見ると、


アメリカは今年の12月に新札も発行するそうですし、全体的に
ドルをなんとか強くしようと焦っているように見えます。

対して、ユーロは焦っていません。
但し、予想外に大きく下げた場合には焦って、応急措置をとっています。
というように見えて仕方がありません。

平常時も対策を講じていないわけではないのですが、そんなに急いでいない。
焦っていない。のんびりゆったりかまえているような印象を受けます。

ということでアメリカにはドルを強くしなければならない理由があり、
ユーロはそれに協力し、その後、ゆっくり通貨の基準を回復させれば良い
(そもそも焦る理由がない)ので、交渉ごとがあったのかなぁと思いました。
オペルの譲渡やら、軍事計画やらについての交渉が。
メルケル首相が「投機家との闘い」やらなんやら発言しておりますが、
為替レートが変動している本当の理由は違うと思います。


ということで、
ただの思いつきで何の根拠もないですが、
思ったことをつらつらと書いてみました。
【2010/05/15 】 | ユーロ為替動向 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

| ホーム | 次ページ


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。