稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム > カテゴリー - ドイツ・半導体メーカインフィニオン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

半導体メーカインフィニオン、携帯電話セグメントでドイツ産業革命賞受賞

ユーロ安が続いております。


こんな時こそ良いニュースを見つけて、記事にしようと思ったのですが

なかなか見つかりませんでした。



そんな中、一つだけ


これは良いニュースだろうというものがありました。


ドイツ半導体メーカ・インフィニオンについてのニュースです。


インフィニオンが第29回ドイツ産業革命賞(?)を獲得しました。英語では、

「the 29th Innovation Award of Germany Industry」

と言います。



そしてその授賞式が

なんと1月24日にフランクフルトで開催されることになっています。

X-GOLD101(電子GOLDvoice)デバイスという携帯電話に使用する半導体で


今回めでたく受賞。


この他にもインフィニオンはというULCセグメントを開発しております。


この2つの半導体の売却先、


いわゆる主要取引先は中国やインドのような小さい規模の市場です。

そこでなんと1億個以上のチップを販売したそうなのです。



半導体業界の売上高減少、

世界的な金融・経済危機の中で市場を開拓し、


売上を獲得する。

素晴らしいと思います。


以上、インフィニオンがドイツ産業革命賞を受賞した話でした。


・・・

そして気になる為替投資についてですが、

おそらく23日くらいにはまたユーロ高傾向を示すのだろうと勝手に予測しております。


インフィニオンの受賞式

日本で何かが起きるかもしれないということで


詳細は以下の記事にあります。


為替投資関連記事:

ドイツ・半導体メーカインフィニオン記事のカテゴリ

ユーロ安は1月末までと予想 ~リストラ1月集中説×東海大地震予知~
スポンサーサイト
【2009/01/21 】 | ドイツ・半導体メーカインフィニオン | コメント(4) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

半導体メーカ・インフィニオン ~2008年度売上高&2009年度業績予想~

クリスマス前にキマンダ破綻回避のための融資のことについてお話ししました。

その時に「親会社のドイツ半導体大手インフィニオンテクノロジーズだけでは救済できず」ということはインフィニオンも経営が危ないのでしょうか?

と書きました。気になったので調べると、インフィニオンのサイトに2008会計年度第4四半期の業績という題目でニュースがアップされていました。

以下にニュースの内容を一部抜粋して、まとめてみました。

2008会計年度第4四半期のインフィニオンの売上高は11億5,300万ユーロで、前四半期比で12%増、前年同期比で2%増。この前四半期からの増加は、通信ソリューション(COM)部門と自動車・産業・マルチ市場(AIM)部門の両方において売上高が拡大したことによるもの。主として米ドル/ユーロ間の為替変動、および事業買収と売却の影響を除外した場合、売上高は前四半期比で10%増、前年同期比で4%増。

とのこと。

また、2008会計年度通期のインフィニオンの売上高は

43億2,100万ユーロで、

前年度は40億7,400万ユーロ。

とのことでした。

今年の売上高はUPしてますね。

また、

・2009会計年度のインフィニオンの総売上高は前年度から少なくとも15%減少すると予測。この前年度比での減少は特にオートモーティブ事業部において発生すると予想されている。

・インフィニオンは現在、キマンダの株式を77.5%所有

・世界的な需要減少に加えて特定の1社からの受注減に伴い大幅な減少を見込んでいる(特定の1社とはGMのことでしょうか?)

・急激な売上の減少に加えて生産施設稼働率の低下による無効原価が増大した


との発表もなされています。


そして、キマンダへの融資の件なのですが、
ドイツザクセン自由州とキマンダ、およびインフィニオンは共同でキマンダに対する金融支援策を発表。世界市場と半導体産業にとって非常に厳しい状況にも関わらず、インフィニオンは7500万ユーロの融資を支援策に拠出する予定。

と発表されています。


また、この金融支援策の発表に加えてキマンダは今後、ドイツ連邦共和国、およびザクセン州から総額2億8000万ユーロの保証金を受領する予定。この保証金に基づき、キマンダは既に銀行からの総額1億5000万ユーロの追加融資に向けた交渉に入っている。

とのことで、キマンダ破綻は回避できそうです。

そして、インフィニオンの経営も売上げは下がれども、大丈夫みたいですね。


また、

この記事のポイントは

1. キマンダは融資を受けられ、破綻を回避できそうだ。

2. インフィニオンは今年は黒字であったが、来期は売上高減少見込み。


というところにあると思うのですが、

皆さんどう思われますか?

実際のニュースでは

損失と利益を細かく書いてあったので、詳細が知りたい方は

一度参考サイトを訪問してみて下さい


参考、引用元サイト:
インフィニオンについて・ニュース日本語版English.ver
【2008/12/26 】 | ドイツ・半導体メーカインフィニオン | コメント(2) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。