稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム > カテゴリー - フランス銀行・BNPパリバ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

BNPパリバ業務停止命令 ソフトバンク株にて株式市場操作??

BNPパリバ東京支店が業務停止するそうです。
来週のユーロ為替は下がるかな~
ドイツの減税の話もあるから、微妙な地合いになりそうですけど・・・
要は、来週は危険だから、長期のポジ持ちは止めようと(笑)
こういう時の相場の動きは心臓に良くない。

業務停止の理由)
金融庁はBNPパリバ証券東京支店に対して、一部業務停止命令を2009年10月23日に出した。株式部門の業務などが09年11月2日から11月16日まで停止される。パリバ証券東京支店は08年11月、東証一部上場のソフトバンク株の取引で自社の損失を避けるための「作為的な相場形成」にあたる取引をしたとされる。

東京支店色々やらかしてますからね~
ソフトバンク株関連以外にも、ダークな部分にからんでいます。

こちらもどうぞ。
BNPパリバ・インサイダー疑惑~非公開情報を入手しアーバン株を取引~
スポンサーサイト
【2009/10/25 】 | フランス銀行・BNPパリバ | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

BNPパリバ・インサイダー疑惑~非公開情報を入手しアーバン株を取引~

フランス大手銀行BNPパリバにインサイダー取引疑惑が浮上しております。

背景を簡単に説明します。

先日、アーバンコーポレーションという企業が経営破綻致しました。

その資金調達役をBNPパリバ証券東京支店が引き受けたというところから、話は始まります。


・・・

続けます。


BNPパリバが経営破綻したアーバンの資金調達を引き受けた際、アーバンはパリバとの間で締結したスワップ契約を非開示にしていました。

問題はここからなのですが

BNPパリバはアーバンとの「スワップ取引」の存在を知っているにも関わらず

アーバン株をヘッジ取引していたらしいのです。


この「スワップ取引」の存在を知っているか否かで

株式投資を優位に運ぶことができます。


言い換えれば、

「スワップ取引の存在」というものは

投資判断を行う際の重要な情報になり得るのです。


だからこそ、その情報は非公開でした。

当のBNPパリバとアーバンを除いては・・・


ですから、この情報を知りつつ、アーバンの株を取引するというのは

インサイダー取引にあたるのではないか?


との疑惑が湧いています。

以上が背景です。


これだけが原因ではないとは思いますが

ユーロ相場への期待値は明らかに下がりました。


日本で起きたことで、

何故ユーロ相場が下がるのかと疑問に思われた方も、いらっしゃると思います。


私も思いました。何故なのか考えました。


そして、一応の答えは出せたのですが

推測で悪いことは書きたくないので割愛します。


とりあえず、この事を頭の片隅に残しておくことで損はしないと思います。


「BNPパリバでインサイダー疑惑が浮上している。」


疑惑で済めば良いですけれど・・・


【2008/11/12 】 | フランス銀行・BNPパリバ | コメント(3) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。