稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム > カテゴリー - 企業情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

オペルがGMの救世主となり得るか ~中国市場でアンタラが売れる!?~

GM100%子会社オペルからこんなニュースが・・・

New Opel Antara with Front-Wheel Drive: Loads of Space at Lower Cost

ニュースを読んでみると、どうやら

GMオペルから新しい前輪駆動車の宣伝がなされているようです。

「アンタラ」という車種のモデルチェンジのようです。

アントラ(Antra)ではありません。

アンタラ(Antara)です。

そしてこのアンタラなのですが、

モデルチェンジに際して、動力をディーゼル→ガソリンに変更。

それにより低燃費、低価格を実現。

内装も充実。

車の色も今後増えていく予定。

と盛りだくさんの内容になっています。

問題はこれが売れるのか、ということなのですが・・・

以前のアンタラよりも2000ユーロ安い価格設定になっているようです。

私的には安くなっていると思うのですが・・・

現在のこの荒れた経済情勢の中で果たして売れるのか?

謎です。


考えてみると、アンタラが欧州や世界でどれ程の人気を誇っているのか

投資家はこのニュースに関心を持っているのか

全世界でどれほどの売り上げが見込まれているのか

私は知りません。

なので、為替に対する影響など

投資関連について具体的なことは何も言えませんが、


とある方から中国ではアンタラのニュースが取り上げられたと聞きました。



中国市場で爆発的売り上げをもたらすことができれば、

オペルのアンタラが

GMの救世主となり得るかもしれません。


スポンサーサイト
【2008/12/13 】 | 企業情報 | コメント(4) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ユーロ安な理由 ~DHL撤退 AIG資金注入 BNPパリバインサイダー疑惑~ 

今朝の日経より抜粋いたしました。

郵便・物流大手のドイツポストは10日、来年1月末に同社傘下のDHLによる米国内向けの急送便事業から撤退すると発表した。これに伴い、米国で9500人の人員を削減する。金融危機による米景気の後退で、フェデックス、UPSの米二強との競合が激しい同事業の回復は困難と判断した。
米国発着の国際急送便事業は存続する。

ドイツポストは米国の412カ所の営業拠点を103カ所に合理化。

すでに削減に着手している5400人に加え、新たな追加削減に踏み切る。

人員整理の費用は計39億ドル。


だそうです。


まず、DHL。
黄色の車がトレードマークのこの会社。

これは、街中を走ってるとかなり目立つと思います(笑)


他の競合はどんな車してるのでしょう・・・

そんな企業でも不景気で人員整理だなんて。


・・・

なんてことでしょう!!

5400人の削減に加え、さらに減らすと!?


これは驚きですよ。


人員整理の費用が39億ドル。

9500人だから、一人当たり約40万ドル。

退職金以外にもかなり費用が含まれてるのでしょうか?


解雇された方の就職先のお世話とかしてくれたらいいのだけれども・・・


そして、今日の為替相場に影響を与えたものをもう一つ。

AIG。


米政府がAIGに対して

9月に850億ドル、

10月に378億ドルの資金支援枠を設けていました。


AIGに公的資金投入ということですね。


ここは9月、10月と、

救済されたばかりなのに、またまた公的資金投入されたみたいなんですね。


それに加えて決算日。

人々の期待を裏切るミラクルが発表されたのかもしれません。


ユーロ、また下がっちゃいました・・・


そしてさらに、

相場の動きを活発にさせそうなニュースも発表されております。

BNPパリバのインサイダー疑惑ですね・・・

これについてはまた明日書くことにします。


AIG情報提供元:
英語日本語ニュース


【2008/11/11 】 | 企業情報 | コメント(2) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

2008年度・第3/4期決算 ~欧州の石油メジャーな国々は大儲け!?~

2008年度、第3/4期の欧州の石油メジャーな国々の企業利益高なのですが、

ブリティッシュ・ペトロリアム(BP) ・・・$10,029 million 
ロイヤル・ダッチ・シェル・・・$131,567 million
トタル・・・$6.1 billion 

だそうです。

2007年度同期の利益高と比較すると・・・

ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)・・・48%.増 
ロイヤル・ダッチ・シェル・・・45%増 
トタル・・・48%増 


となっております。
各サイトで確認しましたので、間違いありません
石油業界、着実に儲けていますね~

・・・
しかし、儲けているのに、原油価格が上昇するとはどういうことでしょう?
金融危機の最中、利益を上げられたのは結局は原油価格が上昇したから?

安く仕入れて高く売ったから利益が出たのでしょうがこの金融危機の最中、
利益を上げられるということは、それだけ原油を求めている人が存在するということなのでしょう。私たちの生活には欠かせないものですしね

それにしても、利益上げすぎじゃないかと思う私。

それだけ儲かっているのなら、原油価格を少し、下げて欲しいと思いました


【2008/11/08 】 | 企業情報 | コメント(4) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

欧州の石油メジャーな国々 ~これから注目したい企業4つ~

今日の日経で以下の記事を発見いたしました。
国際エネルギー機関(IEA)は6日、2008年版の「世界エネルギー見通し」の概要をまとめた。世界の需要増や油田開発コストの上昇などを映し、原油相場は今年から15年までの平均価格で1バレルあたり100ドルを突破し、30年には同200ドルを超えると予想した。

という内容でした。

原油価格上げてますね~^^;

原油といえば、石油メジャー。
石油メジャーといえば、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか

私はアラブ系の金持ちのおじさまを想像していました(笑)
OPECと勘違いしていたみたいです

石油メジャーとは、石油系巨大企業複合体の総称なのですが
欧州にも石油メジャーな企業があります。

オランダのロイヤル・ダッチ・シェル (Royal Dutch Shell plc.)
※plcとは Public Limited Companyの略です。

イギリスのブリティッシュ・ペトロリアム(British Petroleum plc.)
※2001年度に正式名称がBPとなったそうです。

フランスのトタル ( total )

イタリアのイー・エヌ・アイ ( ENI )

私は英語があまり出来ないので、ちょっと頑張りながら読んだりしています
それぞれのサイトの雰囲気を味わうだけでも、面白いですしね

エネルギー問題が叫ばれている最中、
これらの企業はこれからどうなっていくのか・・・

意識して見ていきたいと思います

以上、
「欧州の石油メジャーな国々 ~これから注目したい企業4つ~」
でした

【2008/11/07 】 | 企業情報 | コメント(2) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ドイツ半導体メーカー・インフィニオン(AG)

今朝、ロイター通信より以下の発表がなされておりまして、
「30日のフランクフルト株式相場は反発。ドイツ株式指数(DAX)の終値は、前日比23.94point高(0.41%上昇)の5831.02。2日に米国で新たな金融安定化法案が決議されるのではとの期待感から後半、買いが入り、終盤に前日の終値を上回った」
という、内容の発表でした。

要は、世界的な株安の動きを受けて一時、株価は下落していたのですが、結果的には前日よりも上がったということなんですね。

そこで今日は、フランクフルト証券取引所上場企業、ドイツ株価指数(DAX) 主要30銘柄の一つであるドイツの半導体メーカー・インフィニオン (Infineon Technologies AG) について紹介していこうと思います。(株価が上がったので)

インフィニオンは1999年に、ドイツの総合電機メーカーでコングロマリットであるシーメンス (Siemens) から分離・独立して誕生した株式会社(Aktiengesellschaft、AG)です。

用語が分からないので調べました

コングロマリット・・・工業、金融業、放送・通信など、通常ならば業務関係のある会社と合併したり、事業部を子会社化、または業務の内容において直接の関係を持っていない企業の買収などによって、全く異なる業種に多数参入し企業グループとして特異な シナジー (相乗) 効果を発揮する企業形態の一つ。

AG・・・ドイツの株式会社法(AktG)に基づく法人形態の一つである。日本における株式会社に相当する。

なるほどですね。勉強になります
またインフィニオンの事業内容なのですが、主に集積回路を取り扱っておりまして、
・自動車用、産業用、その他市場向けデバイス
・通信機器(有線、無線)
・ICカード
などの研究開発・販売を行っています。
現在ではドイツ連邦内務省(主にドイツ連邦情報セキュリティ庁(BSI))と協力体制をとり、ITセキュリティ分野に力を注いでいる模様です。
電子パスポートや個人認証用電子IDカードの中のチップとして使用されるようですね。

また、インフィニオンの2005年度の売上高は約68億ユーロ、2007年度の売上高は77億ユーロと上昇しており、半導体メーカーとしては世界屈指の規模の売り上げとなっております。
このように、研究開発を続けながら、売上も着実に伸ばしており、これからも期待大の企業だと私は思います。

以上、ドイツ半導体メーカー・インフィニオン (AG) の紹介でした

【2008/10/01 】 | 企業情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

| ホーム | 次ページ


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。