稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ドイツ・自動車メーカオペル >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

GMがオペルを売却しなかった理由 ~欧州でエコカーを開発するから??~

今日の日経からこんな記事が。

国際エネルギー機関(IEA)は5日、2013年までの世界のエネルギー需給見通しを発表した。景気低迷と省エネの進展を映し、日米欧の石油消費は13年まで一貫して減り続けると見込んだ。中期の需要減の予測は、急落する原油相場にも影響を与えそうだ。

 IEAは足元の主な製油所の稼働状況やマクロの景気動向などを盛り込んだ上で、7月に公表した需要(消費量)の中期予測を改定した。日米欧など経済協力開発機構(OECD)加盟国の2009年の石油需要は今年の実績見通しに比べ1.7%減少。特に米国(2.2%減)、欧州(1.5%減)の落ち込みが大きい。米は11年以降わずかに増加に転じるが、日欧は13年まで減少基調が続く。

という内容でした。

そして、このニュースが流れた

その時

GMらBIG3への資金援助が決定しました。

この資金は、

「エネルギー法に基づき低燃費車や環境対応車向けの設備投資資金として準備していた250億ドルから拠出する」

ということで、そこから捻出された資金のようです。(参照:大学生トレーダーaiのFX挑戦日記)

さて、タダほど高いものはないということで

ビッグ3はエコ車の開発に力を入れる

ようになるかもしれません。

日経のニュースを見た直後だったので

余計そのように思ってしまいました。

だからオペルを売却しなかったのか・・・と。

また全体的に資金援助額が足りてないことから、

政府からビック3に向けて無言のメッセージのようなものが伝えられたかのように感じられます。

国と企業の駆け引きですね。

どちらが忍耐強いか、どちらが、切り札を多く持っているか

非常に興味深いものがあります。

来週明けの為替は怖いですね・・・

またしばらく、投資できないかもしれません。

ユーロ相場も最近落ち着いてきたと思ったのですが、

やはりまだまだ

為替相場の不安定な状況は続くようです。

後は支援法案が通れば、一段落というところですか・・・




【2008/12/06 】 | ドイツ・自動車メーカオペル | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<BMW・ダイムラー販売台数減少 ~工場休止からユーロ高になると予測~

|ユーロ安は1月末までと予想 ~リストラ1月集中説×東海大地震予知~ >>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。