稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ドイツ・自動車メーカオペル >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

GMの最後の希望はオペル? ~中国市場でアンタラが売上を伸張?~

前の記事のコメントでアンタラは、

中国市場でも売れないのじゃないかというご指摘を受けました。

欧州の自動車メーカー・オペルが販売する「アンタラ」。

確かに売れないかもしれません。

しかし、売れるかもしれません。

なぜならば、

現段階で中国の1-11月期の自動車販売台数が前年比8.52%増。

と報じられているからです。

しかも、今年度前半はガソリン価格高騰で

新車販売台数は減少していることを考慮すると、

金融危機以降でも、まだ新車販売台数は増加する見込みもあるのではないでしょうか?

また銀行業でも住宅ローンや自動車ローンを拡大した

との情報が、中国情報に出されており、

オペルはアンタラを中国市場で売る気満々であると私は感じました。

このニュースが発表されたのは今日です。

私自身もこのニュースには驚きましたが、

車を買う気にさせる仕組みは

ローン拡大という手法以外にも用意されているのではないかと思われます。


・・・

そして、ejnewsさんに一言

以上のことは昨日の段階では理由として思い浮かんでません。

完璧に理由の後付けなのですが、

其処の所は許して下さい



しかし、アンタラが爆発的に売れたとしても180億ドルには到底届きそうにありません。

1ヶ月くらいGMを維持するくらいの資金にはなるかもしれませんが・・・

その間に起死回生の策が出るのでしょうか?

ブッシュ大統領の任期が終えてからが勝負なのでしょうか?

だとしても、

果たして、GMはそれまで生き残れるのか。

最後まで目が離せません。
【2008/12/15 】 | ドイツ・自動車メーカオペル | コメント(3) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<欧州NEWS ~ミッタル、カルテルで罰金×VW事業売却×英郵便民営化~

|オペルがGMの救世主となり得るか ~中国市場でアンタラが売れる!?~>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

アンタラが売れて、オペルが独立するというシナリオが・・・。

子会社が独立するというのは簡単にはできないんですか??

Googleで検索したところ、「CSKが子会社に無断独立された」というニュースがあったので、不可能ではないと思いますがどうなんでしょう??

ポチ!
【2008/12/16 16:47】| URL | ai #-
中国の政治形態はナチス独逸のファシズムと全く一緒ですから(ナチスは国家社会主義、一党独裁、資本家と政党の融合。中国は毛沢東の共産主義???から小平のミルトンフリードマンのシカゴスクール型の絶対自由市場経済、一党独裁、政党と資本家の融合)国内市場の誘導が簡単で車を売りたければ売れると思いますが。特に日本と中国はアメリカ市場を護る為アメリカの借金の肩代わりをしているのでGM車の販売の援助をするかも知れません。しかし来年のアメリカ、EUの経済はもっと縮小する様ですから中国の上~中流階層がどれだけ経済的に影響を受けるかで車の売れ行きも変わってくると思います。アメリカではGM等がトラックを一寸改造しただけの車(SUV)の販売でぼろ儲けをしてきたので市民、政治家も余り資金援助には乗り気ではないようです。其の上特にGMはアメリカ国内の工場を閉鎖し、ブラジル、中国等での工場建設に何十億ドルも投資しようとしているの事もあり、数日前に南部共和党議員が中心になって自動車業界支援案を潰してしまいました。と言う事は次の支援政策を議題にして..........と又時間が掛かるのでGMが言っている事が事実なら来年の1月にGMは資金が尽きると言う事みたいです。もう国内の20工場の一時操業停止とか破産宣告の為弁護士との打ち合わせと言うニュースが流れています。自動車業界の労働組合は民主党の政治勢力として大きいので共和党は支援には乗り気ではない様です。GMが破産すると関連企業も倒産破産となる可能性が大きく世界経済への悪影響は非常に大きいそうです。アメリカに工場のある外国の自動車会社も部品の調達に苦労する可能性もあり来年はクレディットカードビジネスの破綻も予想されていて大変な年になりそうです。これ等がチラッと流し読みしたGM関係のニュースです。処でオペルは第二次大戦前中に独逸でGMが出資してGMのトラックなどを独逸軍に供給していた会社だと思います。スペイン内乱時にもGMはヒットラーやムソリーニが協力したフランコ側にトラックを供給し、内乱後フランコは『戦車や戦闘機よりも、GMのトラックが無ければ兵員の異動が出来ずGMトラックの御蔭で戦争に勝った』と言う様な事を言っていたそうです。GMはフランクリンルーズベルト大統領に対するクーデター未遂にも参加し、1950年代までにはロックフェラーのスタンダードオイル等とと公共交通機関の独占を行い路上電車、軽量鉄道等を全国で廃棄し現在のアメリカの排気ガス、交通問題の原因を作っていますのでGM嫌いの人は結構多い様です。
【2008/12/16 18:06】| URL | ejnews #-
aiさん、ejnewsさん、コメントありがとうございます☆
> > aiさんへ
> > 分かりません(笑)
> > オペルが独立する可能性も叫ばれてはいますが、自動車業界においてオペルがGMから独立するには、リスクが大きいと思います。生産設備がGMの借り物である場合、アンタラが売れたとしても現段階では他の企業の協力を得られないと独立は難しいと思います。
> >
> > ejnewsさんへ
> > GMの資金援助が決まりましたね。好き嫌いでは即時に企業の興廃は決められないようです。来年1月まででGMが破綻することはなくなりそうですが・・・
> > 先行きはまだ分かりませんね。
【2008/12/21 21:12】| URL | にらたま♪ #-

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。