FC2ブログ

稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >欧州為替経済ニュース >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ECBゼロ金利作戦 ~EONIAを利用して無担保・無金利融資が可能!?~

ユーロだけでなく他の通貨も恐ろしいことになってますね。

ユーロは一時、112円台に落ち込みました。

さて、これからどうなるのか・・・


私は、また112円までユーロは落ち込むと思っています。


何故かは・・・秘密です。


そんな中、ロイター通信から気になる報道がありました。ECBの金利政策の話です。

それによりますと、今のところゼロ金利政策はないとの見通しです。またトリシェ総裁NHKのインタビューで


政策金利について


「2%の金利が最も低いかと聞かれれば、答えはノーだ」

「ゼロ%まで下げるかと聞かれれば、それも答えはノーだ」



と答えております。


ECBが政策金利を1%まで下げると、

中銀預金金利がゼロ%になる見込みなんですね。


政策金利を1%以下にする必要はないとのことでしょうか?


また「預金金利0%」政策は

別名、ゼロ金利作戦と呼ばれています。



・・・

この作戦を理解するためのキーワードは


EONIA(Euro overnight index average)


です。

EONIAとは、無担保翌日物金利です。担保翌日物金利とは銀行の間で担保なしにお金を借りて翌営業日に返す時の金利のことです。



21日のEONIAは1.498%で、

ECBの主要政策金利(2%)と中銀預金金利(1%)の中間です。


政策金利を1%にすると、このEONIAがゼロ近辺に低下するというのです。

すると、どうなるのか?

資金が無担保・無金利で融資されるということになります。


これがゼロ金利作戦と呼ばれるものです。


そして、実質的にECBは政策金利は0%にはしないみたいですね。


もしゼロにしてしまうと、

人々が金利政策へ期待することがなくなりますので


為替市場にとっても、非常に危険なことだからです。



為替投資関連記事:
欧州発足最大の金融危機 ~EUとしての対策~

欧州完全復活!? ~欧州・欧米・日本の金融対策~
【2009/01/23 】 | 欧州為替経済ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<DRAMメモリ大手キマンダ破綻申請と救済措置、ユーロ為替への影響は?

|半導体メーカインフィニオン、携帯電話セグメントでドイツ産業革命賞受賞>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。