稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ドイツ・自動車メーカオペル >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ユーロ為替はやっぱり予想外。~オペルはカナダか中国の手に渡る!?~

ユーロ為替、暴落ですね。
円高が2ヶ月ぶりに進んでいます。


何故でしょうか?



私が思うに一番の理由は
オペルの売却先が明らかになったことだと思います。


欧州勢の核となりえる企業であっただけに残念でたまりません。



しかし、この売却劇。
まだ先があるような気がしてなりません。


当初、ドイツの企業が買収する予定だったオペル。
しかし、そうは問屋が卸さず。


カナダへ売却先が移行。
アメリカもユーロ通貨の価値をあげたくなかったのでしょう。


米の計画としてはいずれ
オペルはGMの手に戻す予定だったのではないでしょうか?


だからカナダ。


でも、その目論見は中国によって阻止され


北京汽車に経営権が移ることに。
中国・北京汽車がオペルの株を51%も取得していたのです。



1%がとてつもなく大きい。



でも、ニュースでは
「GMは5月末、カナダ自動車部品大手マグナ・インターナショナルと
オペル売却で暫定合意し、現在詰めの交渉を進めている。」
とあります。


さて、どっちだ?


カナダか中国か。


はたまたカナダに売却し、その経営権は中国が握るのか?
それとも、ここから交渉合戦が始まるのか?



EUは黙ってみているだけなのか?



気になることばかりで、不確定要素が多く、しばらくの間は
不安定な相場になるかもしれません。



交渉上手な中国。
こいつがユーロにとって曲者でもあり、頼もしい味方でもある。



中国を味方につけるため、欧州は動くのか?
今は静観か?


欧州の研究施設だけでもドイツが買い取る方向で合意できれば
オペルやEUにとってはベストなのでしょうが・・・



まだ情報待ちです。
【2009/07/10 】 | ドイツ・自動車メーカオペル | コメント(1) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<ユーロ為替の今後に期待!! ~RHJついに動く!!オペル買収なるか?~

|来週のユーロ為替は? ~ポルシェ買収・MJ逝去・ポスト京都議定書より予想~>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/10 21:56】| | #

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。