稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ユーロ為替動向 >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ユーロ為替の取引スタイル ~予想の観点はレンジかトレンドか見極めること~

最近ユーロドルにも手を出しつつありますが、
原点回帰しようと思って、ユーロ円の取引をしました。
もちろん「買い」で。

私、現在FXでは「買い」専門トレーダーとして活動しています。
取引スタイルは3種類あり、
1.スキャルピング(取引開始から20分程度で約定)
2.デイトレード(朝、指値注文~夜までに約定)
3.スイング(適当放置プレイ)

最近は主に1ですね。
先行きをある程度予想できる時もあるのですが、
それを信じて取引すると、けっこう痛い目にあいますので。

「今ある情報から今を判断する」


そんな取引スタイルだと、
どうしてもスキャルピング的な取引が多くなってしまいます。

それでも、今回は良い取引が出来ました。
ユーロ円・「買い」の取引結果

いくらで取引したのかは言えませんが、
1000通貨ではとてもやる気にならないので、
「それ以上」であることだけは、明言しておきます。
後は想像にお任せします。

これからのユーロはどうなるのか?
私の古い友人が言うにはユーロ・ドルで安値となるそうです。
私はそうは思いませんが、友人の言うことに一理あると感じたのも確か。

月足で見てみると、
あながち、友人の「ユーロ安」との予想は外れると言い切れない、と
切に感じます。皆さんも見てみて下さい。

・・・
私はまだまだ未熟者。
知らないことばかりです。
月足チャートも友人との議論がなければ、
わざわざ開いて見ようとも思わなかったでしょう。
友人に感謝。ありがとう。

さて、「ユーロ・ドル」はユーロが安値方向へ。
それでは、「ユーロ円」は?

ここが為替・FXの面白いところ。
様々な角度から、様々なことを一瞬にて判断する。
今回はそれがたまたま当たっただけ。

外れたときのことを考える。
予想と逆になった時の対処法・引き際を考える。
為替ではロスカットが重要。

でも、ユーロやポンドではそんなに重要でないかもしれない。
揺れ幅が大きすぎるから。

為替の揺れ幅が大きいので、そんなことを考えなくてもいいかもしれない。
予想すべきことは為替の行く末じゃない。
対処すべきはロスカットなんかじゃない。

「今、為替がトレンドなのかレンジなのか」
「予想と外れたとき、元に戻るまで耐えうる財力があるか」

自分の判断を下すだけだと思います。
その判断を下すために
1.ユーロは元気か?
2.ユーロはドルに引きずられているのか?
3.ユーロは注目されているか?
4.ユーロを保有している(取引している)人が多いか?
5.ユーロをどうするか、国の戦略は?
などと交え

人の感情・動機を予想しながら取引します。
そして、そんなことを考えながら取引するとなかなか面白い取引が出来る。

儲かる儲からないは別として。
【2010/03/07 】 | ユーロ為替動向 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<急落ユーロ安。為替レートが瞬間移動!?1秒で40pipsは動いたユーロ円。

|BNPパリバ業務停止命令 ソフトバンク株にて株式市場操作??>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。