FC2ブログ

稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ユーロ為替動向 >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

ユーロ円・今後の展開 ~ユーロ為替に「上向き調整」が入る可能性!?~

突然ですが、
今後のユーロ円の展開について、考えたことがあります。
それはそろそろ調整が入るのではないかということ。

しかも上向き調整が。
ユーロ安となる方へ調整が入る可能性を考えました。

ストーリーは以下のよう。
①1回調整を入れる
②思わぬ「上げ」に投資家たちの思惑・行動が③④⑤のようにバラつく。
(③④⑤と考える投資家の比率のバランスが絶妙に調整される)

③「まだレートは上がる」と思う投資家は買う
④「そろそろユーロは下がるに違いない」と思う投資家は売る
⑤慎重な投資家は静観する

ユーロ安となる方向へ調整が入ると考えた理由は、
「為替相場のレートを安定させておきたい『誰かさん』がいる。」と仮定したから。
理由というより、上記ストーリーを組み立てる上での前提条件みたいなものですね。『誰かさん』が為替レートを安定させたいから、上向き調整が入る。
投資家の思惑・行動をある程度バランスの良い状態で操作できる状態にする。

それが『誰かさん』の狙い。

と、なんの根拠もなく考えてみました。
とすると、これから2~3円の値幅でレンジに突入するかもしれません。
もしかすると、歯止めが利かなくなり上昇し続けるかもしれません。
あるいは、前提条件がそもそも間違っていて、この予想自体意味がないかもしれません。

・・・
4月終わりにはFOMCがあります。
それに焦点を合わせるために、ここで1度だけ調整を入れるとしたら・・・
私は「惑わせるための上向き調整」のような気がするのです。

調整と言うか、減衰。
成長を一時的に加速させ、長期的に見て勢いをなくす狙い。
FOMCで何が起きるかは分かりませんが、そう考えるとちょっと怖い相場ですね。

こういうときは投機としてはチャンスかもしれませんが、
投資としては、微妙な感じがします。

今はイースター休暇。
雇用統計で相場は揺れたものの、今は静かです。

ただ、この状況が歯がゆくて、一気に儲けようとして、
多量のロットを仕掛けると、痛い目を見るかもしれません。

今、この状況で投資をされる方は十分ご注意を。
為替は今、ちょっと怖い状況なのです。

まだ為替が上昇しきるには早すぎる。
まだ、体制が整っていない。
体制を整えようとして、ボロボロほころびが見つかってきた時点。
少なくともユーロ圏は。

だから、今何かを期待して「ユーロを買う」ことは危険。
短期ポジならありかもしれませんが、長期でユーロを買うことは怖い。
私はそう思います。

もう少しだけ待つ。
ほんのもう少しだけ。
日本にレバレッジ規制が入り始める夏ごろまでは「待ち」優先。
遊びのつもりで、ゆっくりのんびり投資に向き合う。

そんなスタイルで為替と向き合おうと思います。
焦る必要全然ないし。

今からユーロ買いを行うにはリスクが大きすぎる。
と、私は思います。

最後にある投資家の名言を。
ただ一つ言えるのは、他人が慎重さを欠いているときほど、自分たちは慎重に事を運ばなければならないと言うことです。(ウォーレン・バフェット)

以上、休暇明けは慎重に行きましょう☆
【2010/04/05 】 | ユーロ為替動向 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<歴史的瞬間!脅威のユーロ安・・・

|「3月の雇用統計結果とユーロ為替の変動」及び「ユーロ圏全体のこれから」>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。