稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ユーロ為替動向 >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

2010年初☆日銀の為替介入 ~「ドッキリ介入」底で民主は入れちゃうの!?~

ニュースです。
民主党が為替介入を断続的に入れた模様。
日銀の資金投入ですが、これが6年ぶりの為替介入。
外国為替平衡操作の実施状況:財務省

2010年9/15現在、為替は
米ドル・カナダドル
ユーロ
ポンド
オージードル
キウイドル
全ての通貨において、円安傾向となっております。

今日の午前。
出社前はまだまだ底でした。
午後、昼休み中為替相場を見てびっくり。
事件があったのかユーロ円・ドル円において暴騰っぷりが顕著でした。
その原因は帰社して判明しましたが・・・
(2010年初の為替介入)

--------(以下、ニュースの抜粋)---------------
野田財務相は「為替相場の過度の変動を抑制するため、為替介入を実施した。今後もマーケットの動向を注視し、必要な時には介入を含め断固たる措置を取る」と述べた。財務省は15日午前10時30分に日銀に介入を要請し、10時35分には日銀が介入を実施した。その後も断続的に介入を行い、介入規模は数千億円から1兆円台とみられる。(政府・日銀が市場介入、一時85円台まで急落 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より抜粋
--------(以上、ニュースの抜粋)---------------


さて、現在(18:15)は・・・
一山うって暴騰ぶりは落ち着いたようです。
日銀の介入も落ち着いたのでしょうか?

まだ様子を見ないと分かりませんが、
昨日の底っぷりから見ると、素晴らしい為替介入だったと思います。

しかし・・・
問題はこれから。
どうやら底の更新は免れたようですが、
現在の暴騰っぷりは日銀の為替介入のおかげ。

2~3日経てば、何事もなかったかのように
為替レートは底付近に戻っているのかもしれません。

なぜならば、根本的な解決にはなっていないから。
一時的には介入のおかげで為替は救われたかもしれませんが、
経済的には何も変わりません。

そして、日銀の為替介入が単発的なものだったとすると、
人々の生活にそれほど大きな影響を与え続けるとは考えられませんので、
「円安・他外貨の全面高」傾向は徐々に下火になる可能性があります。

ですので、この円安の流れを維持するとすれば、
為替介入の影響が残っているうちにスピーディーに経済政策を打ちたて、
実行していく必要があると思います。

臨機応変な対応は、
日本は苦手。

しかしながら、臨機応変な対応が得意な国々にとっては、
この日銀の為替介入は、自国通貨の価値回復を行うにあたって、
又とない機会となるでしょう。

私は、ユーロ圏内の国々に期待します。
ユーロ圏の国々は非常時に臨機応変な対応力を発揮すると思うからです。
最近ドイツのメルケル首相等が足並み乱しておりましたが、
それは一時のパフォーマンス。

こういう緊急事態、
かつチャンスが現れた時には、
まとまる国々、集合体。

それが「ユーロ」という集合体だと思うのです。

-----参考(+ひとり言)------
日銀の為替介入時における為替レートの変化
82.85 USD/JPY(底) → 85.50 USD/JPY → △ 2.65
107.72 EUR/JPY → 111.10 EUR/JPY → △ 3.38
1.2965 EUR/USD → 1.2975 EUR/USD → △ 0.001
対円以外の価値は変化なし。何故だろう?
介入前夜のユロドルの動きが気になる。

この為替介入がスイスの二の舞にならないことを祈ります。
スイスはユーロへの為替介入失敗で、国家予算の1/4を失いました。

そして、一番気になるのは我々の税金で為替介入が行われたという事実。
単独介入(米国債購入)で失敗すると、また国の借金が増える。
でも、円高の内に資産を買ったともいえるかもしれない。安価に大量に。
国が大っぴらに大量に他国債を買うことなんて、この機会以外に出来るだろうか?
何もかも疑問。謎。分からない。知らない。
もっと学ばないと。

事実の良し悪しさえ分からない。
【2010/09/15 】 | ユーロ為替動向 | コメント(0) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<FXを始めて二年目の取引結果。~嬉:損切り平均額が700円減ったこと~

|ユーロ為替の今後の展望について ドルは「強く優しく」、ユーロは「優しく強く」>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。