FC2ブログ

稼げるシステムトレード「MT4(メタトレード4)」始動! 
~がっつり稼ぐ☆2011年度春予定~

ホーム >スポンサー広告 >現在位置ホーム >ドイツ・為替経済ニュース >現在位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 | スポンサー広告
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    

『環境大国・ドイツ』 ~世界遺産・エルベ川近傍の開発~

今日の日経で次のような記事を発見いたしました。

ドイツ東部を流れるエルベ川の開発を巡り、賛否両論が起きている。流域の渓谷が世界遺産に登録されているドレスデンでは交通渋滞の緩和を狙った架橋工事に対し「景観を損なう」との批判が続出。ハンブルグでは川底の堀削計画が持ち上がり、研究者らが「生態系に悪影響が出る」と反発する。経済発展か環境保全か。

「環境大国」を自任するドイツが揺れている。

との記事でした。

しかも、
「工事を続け、渓谷の景観を害するようならば世界遺産の登録を抹消する」
とさえ言われているのに工事は現在も進んでいるようです。

経済発展を優先させるのか、環境保全を徹底するのか。
難しいところではありますが、私は「環境大国・ドイツ」として、進むべき道を模索して欲しいと願っています。

EU加盟国の中で失業率が比較的高く、90年代頃までは「EUの病人」とまで言われていたドイツ。しかし、最近ではEU域内での経済循環体制を整えることにより、景気を拡大させてきました。

他国への輸出が今のドイツ経済を支えているのです。
輸出の効率化、コストダウン化のための開発は、ある程度仕方ないと思うのです。

しかし、
エルベ川近傍は、ワインの産地やウナギの産卵地として有名でもあり、何より景観が素晴らしく、本当に自然豊かな場所なのです。

経済発展のため、先へ先へと進むことも大事ですが
今あるものにも目を向けて、大切に扱っていくことも忘れないでほしい。

忘れないでいるためにも
ドイツには環境大国としての道を歩み続けてほしいのです。

ですから、
私は「環境大国」としてのドイツをこれからも維持し続けて欲しいと思います
【2008/10/12 】 | ドイツ・為替経済ニュース | コメント(1) | トラックバック(0)
livedoor Reader My Yahoo!ブックマーク goo Reader はてなブックマーク    


【その他の為替投資記事】


<<10月13日 AM5:00時点でのユーロ円相場予想

|アイスランド競売にかけられる!?>>

ホームへ戻る

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは、始めまして。
レンといいます。
環境大国とのイメージが強いドイツでも開発問題で揺れていると知って驚きました。
便利を追求するよりも、次世代に美しい自然や環境を残してあげたほうがいいのかなと僕は思います。
道路はすぐにまた作れますが、美しい景観や環境は何百年、下手すると、もっと長い時間をかけて作られるものだから、開発は見送るべきだと思います。
ドイツの動きに期待ですね。
【2008/10/13 19:23】| URL | レン #-

トラックバック

トラックバックURL


| ホーム |


にほんブログ村 ユーロ円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。